及部恭子のジャズライフ in NY

自己紹介 No.1

今日のニューヨーク、お昼は22℃ほどありました。
道行く人々は半袖で、カフェの外のテーブル席ではくつろぐ人々で賑わっています。
まだ3月ですが、通りの木々は花が満開になっていたり、可愛い新芽が芽吹いているものもあります。
例年だと4月に見られる光景です。


さて今回は自己紹介です。
長くなるので2回に分けてお送りします。



私は岡山生まれの岡山育ちです。
両親は岡山で出会い結婚して、男女男男女男と6人の子供を授かりました。
私は上から2番目の長女です。 
両親はうどん屋さんを営み、毎日慌ただしく働きながらも、子供達にしっかりと愛情をかけて育ててくれました。

私は小さな頃から音楽が好きで、保育園で周りの子の真似をして電子ピアノを弾いたり、ピアノの音色が聞こえて来ると耳を傾けていました。
4歳から6歳頃までクラシックのピアニストの方からレッスンを受けましたが、レッスン中に手を叩かれもう行きたくない、とやめてしまいました。その後もピアノを弾くのは大好きでずっと弾き続けていました。(あぁ、でもあのスパルタに着いて行っていれば今頃違う人生だったのかも??)

ジャズ初体験は14歳の時でした。お母さんのお友達でレコード屋さんをされながら、海外や東京からミュージシャンを岡山に招いてライブコンサートをされている方達が居られました。
(その方達に色んなライブに連れて行って頂き、ジャズのレコードもいっぱい紹介して頂きました。大感謝致しております!)
さて、そのジャズ初体験ですが、Paul Motian ポール モチアン(drums)、Bill Frisell ビル フリーゼル(guitar),Joe Lovano ジョー ロバーノ(ts)のトリオのライブでした。
ジャズはジャズでも非常にアヴァンギャルドな音の世界。不思議な熱気に包まれたステージで起きているクリエイティブな瞬間を、暗くて静かな客席から不思議な熱気を持って見守る人々。

放心し感動した時間でした!! 




さてさて、私が17歳ぐらいから両親が自宅でライヴコンサートをするようになりました。
(今まで日野皓正さんを始めとする様々な素晴らしいミュージシャンの方々が来られ、演奏して下さり、色んなことを学ばせて頂きました。)
ある夜に起こったこと、ピアニストの谷川賢作さんがライヴ後の打ち上げパーティーの時、私とピアノを連弾し即興演奏をして下さりました。
全く譜面にない、どこから来ているのか分からないけど、彼の指が右に左に鍵盤の上を自由に駆け巡り、音とリズムとを奏で、それにものすごく感動しました。(ちなみにその時の曲は今でも大好きな曲「イパネマの娘」でした。)
私もこんな風に自由に弾けるようになりたい!と谷川さんに伝えると、ジャズを習ってみたらいいんじゃない?と言われました。そして「ピアノは地図みたいなものだよ。」とおっしゃられた谷川さんのお言葉、今でもしっかりと心に残っています。
 
そして同じ頃に津山市の「蛇美館」という素敵なお店で聴いたピアニストのフェビアン レザ パネさんの演奏にすごく心を打たれて、一緒に行った母に帰路の途中、車の中で、私はやっぱり音楽の道に進みたい、と話したところ、「何でもやった人のものよ。がんばれ!!」と背中をぽーんと空高く押し上げてもらい、「私は音楽の道に進むんだ!」と夜空の星を見ながら強く思ったことを今でもよく覚えています。その後、じゃあまずはジャズからやってみよう、と始めました。19歳の時です。

つづく


West 4th Streetの大好きな木。ほとんど満開です!
c0247284_1125120.jpg

[PR]



by kyokooyobe | 2012-03-21 11:02

ニューヨーク在住のジャズピアニスト及部恭子です。音楽活動を通しての出会い、想い、NYの町並み、美味しいもの、色々とお届け出来たらな、と思います。
by kyoko Oyobe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

夏 2014
at 2014-07-30 11:57
The Chris Park..
at 2014-06-30 12:05
Blue Note New ..
at 2014-04-30 17:17
Kyoko Oyobe Qu..
at 2014-04-08 17:05
うどんおよべブラザーズ倉敷店
at 2014-04-03 16:23

画像一覧

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル